最近需要が高まっている学習塾|塾経営は専門のセミナーを活用しよう

いかに利益を出すか

店舗

売上と支出のバランス

店舗経営の鉄則は、できるだけ売上げを伸ばしながら、できるだけ支出を最小限に抑えることです。この鉄則を達成するために、街の店舗は毎日いろいろな方法を交えながら営業を頑張っています。特に飲食店の経営は、ライバル店が多いことや流行や景気に左右されやすいこともあり、特に慎重に考えながら経営をしなければなりません。ただ美味しいものを提供すれば利益が出るという、甘い世界ではありません。特に難しいのは、支出を抑えることです。一般に、飲食店の経営に際して最もお金がかかる部分は、人件費です。人件費をできるだけ抑える方法は、店員を少なくしたり家族経営にすることです。しかし一方で、あまりにも店員を少なさ過ぎて来店したお客さんに不便さを感じさせてしまうようでは、かえってお店の評判が悪くなります。たとえば、土日や連休中は店員を増やし、あまりお客さんがこない時間帯は、最小限の人数でお店をまわす方法があります。一方で、飲食店の売り上げを伸ばすのは、来客数を増やすか客単価を上げることで達成できます。もちろん、口で言うほど簡単ではありません。近隣の同業店舗の価格を確認したり、顧客の対象を研究したり、地域のニーズを調べるなどの工夫が必要です。飲食店なら、例えば期間限定のメニューを出したり、ランチはお得な価格設定にして、お客さんに興味を持ってもらう工夫は有効です。奇をてらいすぎず、お客のニーズを正確につかむことが、店舗経営では大切です。